ギャンブルの中でスロットが1番好き!

スロットに最高に嵌っていたあの頃

今は、パチンコしかしませんが、昔はスロットもやっていました。最近のスロットはあまり出ないといいますし、なんだかルールがややこしそうで打つ気になれません。昔のスロットは良かったといいます。私は、今のを知らないので何ともいえませんが、昔は20万円ぐらい平気で出している店もありました。基本的に私は何でもトコトンする方なので、スロットも短期間でかなりやりこみました。毎日のように通って、挙句の果てに右腕が上がらなくなってしまったのです。

 

それでも、打っていたのですから驚きです。シップを貼って、痛みをごまかしながらやっていました。さらには、仕事の合間にもやったことがあります。たまたま外への用事を頼まれて、その日は直帰することになっていました。仕事が思ったより早く片付いて、定時が5時だったのですが、3時半ぐらいからパチンコ屋に行き打ちました。そして、5時前に会社に電話して、「今終わったので、このまま帰ります」なんてやっていたのです。でも、今行くパチンコ屋さんは、スーツを着たサラリーマンが平気でパチンコを打ったりしています。それも当たり前のようにやっている姿をみると、私なんてあの時はオロオロして一応悪いことをしていると意識していたので、まだ可愛かったんだと思います。